パシュミナとは
パシュミナとは、インド、ネパール、チベットなどヒマラヤの高原地帯に生息するカシミヤ山羊の内毛のみを使用した非常に細いカシミヤ繊維を紡いだ毛織物のことを指します。インドのジャンムー・カシミール州は伝統的なパシュミナ生産地で、原毛は州東部のラダック地方にて厳重に保護飼育されているカシミヤ山羊から年に2回採取されています。高度4000メートル以上にて育つカシミヤ山羊の毛は大変軽くて柔らかく、そして暖かいため、この地に最高峰の毛織物と呼ばれるパシュミナショールを誕生させました。

パシュミナは一般的なカシミヤ製品よりも細く繊細で希少価値のあるものですが、残念ながら日本では家庭用品品質表示法上、パシュミナという繊維が登録されておりませんので、カシミヤという表記になります。そのため、カシミヤ山羊の毛ではない粗悪品をパシュミナとして販売している業者も多く、偽物が多く流通しているのが実情です。インドにおいても中々本物を見極めるのは難しいです。

 
パシュミナの歴史
カシミールの言い伝えでは、約500年ほど以上前(紀元15世紀)に700人の職人とともにペルシャからカシミールに来たミル・サイヤイド・アリ・ハマダニによってパシュミナ毛織技術が伝えられたのが始まりと言われております。
刺繍技術が生まれる前は、KANI織りと呼ばれる綴織りが主流でムガール帝国時代は王侯貴族への贈答品として好まれました。現在でもKANI織りの工房は続いています。ナポレオンが遠征後に持ち帰ったカシミールショールがヨーロッパ上流階級の婦人間で人気を博したことで広く広まり、草花文やペイズリーなどの美しいデザインを綿密で高度な刺繍技術で施したカシミールショールは現在でもインド、ヨーロッパでは非常に有名です。ハリウッドスターやセレブの間ではパシュミナは襟元のアイテムとして定着をしています。
高度な刺繍技術を持つ職人が減ってきておりますが、未だに州都シュリーナガルには家内工房が多数点在し、代々その伝統技術が受け継がれており、今もなお、カシミールの美しい自然の下、全て手仕事によって素晴らしい芸術作品であるパシュミナショールが生み出されています。
 
 
ADRIANA EPOCAのパシュミナ
ADRIANA EPOCAでは、カシミールの高度な刺繍技術を持つ工房と提携をし、弊社で目利きをした最高級のパシュミナショールだけを日本の皆様のために直接仕入れております。パシュミナショール、ストールを扱う専門商社として都内高級ブティックへの卸し、および都内を中心に催事を行なっております。なお、弊社で取り扱うパシュミナは、一般財団法人ケケン試験認証センター獣毛総合研究所にて「100%カシミヤ」である試験鑑定認定書を受けております。


ページトップへ